就活でしゃべれない時の対処法を紹介!面談・面接・GDで使えます!

就活生のアイコン画像就活生
やばいやばい…全然喋れないよ…

こんな場面に一度でも遭遇した事ある方に読んでいただきたい記事です。

まず、就活でしゃべれない理由としてよくあるのが、自信がないというものです。

「だから自信をつけよう!」とは言いません(笑)ちょっと立ち回りを変えるだけで喋れるようになったりするのでその方法を伝授します!

タップできる目次

就活でしゃべれない時の対処法をパターンごとに紹介

GD・面接・面談、それぞれのパターンごとに就活で喋れない人の対処法について紹介していきます。

GD(グループディスカッション)の時

まず、「喋ろう…喋らないと…」となるのはナンセンスです。

GDで話せない人のよくある特徴は、先手を取りに行ったが他の人に取られてしまい焦ることで、自分の立ち位置を見失うこと。

GDは確かに自分を出していかないといけませんが、闇雲に意見をたくさん言ってまとめていけば良いわけでもありません。

GDで最も見られる点はチームワークです。つまり、いかにチームに貢献しているように見られるかが重要です。

なおのアイコン画像なお
基本的に焦ったら負けだと思った方が良いです。いかに物事を冷静に判断し適切なタイミングで役割を果たせるかに限ります。

チームに貢献できるタイミングを見計らう。自分から入った役割は簡単には捨てない。

面談の時

面談というのは多くの場合、相手はこちらにラフにきて欲しいと思っています。

そのため笑顔が多く、空気も軽い場合が多いです。

だから気を抜いていいわけではありませんが、相手がそれなりに話しやすい環境を用意してくれているのに話せないというのは加点対象にはなりません

なおのアイコン画像なお
相手はあなたのことを本気で知ろうとしてくれています。それには応えたいですね!

緊張しても仕方ないと割り切る。質問に対しては長すぎない程度に返答をする答える。こちらからも質問を投げるともっと空気が軽くなるので良いですよ。

面接の時

喋れなくなってしまうとよく聞くのが面接ですね。

それなりの会社なら人事や部長クラス・中小やベンチャーだと社長と面接することが多いですね。

ここで喋れなくなってしまうときって、不意打ちな質問がきた時なんですよね(笑)

なおのアイコン画像なお
これは仕方ないです…ずっと黙るのであれば「少しだけ考える時間をください」といいましょう!

不意打ちの質問はよく来る。考えるのは全然良い。しっかり考えさせてくださいという旨を伝えましょう。

なぜ就活でしゃべれないのか?自己分析をして苦手を知る

就活で喋れない人あるあるですが、自分のことを理解できていない人が多い印象あります。

自己分析ができていない人ですね。自己分析をしないと、なぜあなたが就活で喋れないのか?という悩みを解決することができません。

なおのアイコン画像なお
自分を知っておくと就活以外でも活きる可能性がありますよ。騙されたと思ってやっておきましょう。

結論、冷静になってタイミングを見計らうことが大事

就活で喋れない人は、まず冷静になることが大事

まとめるとこうなりますが、それぞれの場面によっては対象方法が異なる場合もあります。

冷静になるのが難しかったり、そもそも就活に自信がない人は就活エージェントに頼ってみるのも選択肢に入れておくと良いですよ。

どんなに難しい悩みでも就活のプロが解決してくれます!

以上、「就活でしゃべれない時の対処法を紹介!面談・面接・GDで使えます!」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このメディアを運営している人

18歳でメディア運営を始めてから業界に興味を持ち、夢を捨てWEB業界のインターンを経験。現在20歳で『学歴がなくても仕事で成果を出し成長し続けられる』を掲げて"インたん"を運営しながら、本業・個人ブログ・サイト制作・WEBコンサルを行っている。

タップできる目次
閉じる