インターンの始め方は?どんな準備が必要なの?

「インターンの始め方がまだよくわからない」

就活を視野に入れ始めた就活生の方が抱えがちなこの悩みはこの記事を読めばすぐに解決してしまいます!

この記事では様々な形式で行われるインターンの種類について整理した上で実際のインターンの始め方どんな準備が必要なのかについて解説していきます!

タップできる目次

そもそもインターンとは

インターンシップとは、企業が学生に向けて実務や研修などのプログラムを通して就業経験を身につける場を提供する制度のことです。

主に開催される期間や時期によって次のように分けられます。

  • 1dayインターン1日のみ実施するインターン。主な内容は企業説明やセミナーなど
  • 短期インターン3〜7日程度のインターン。主な内容は企業説明会から研修プログラム、グループワークなど
  • 長期インターン1ヶ月以上行われるインターン。実際に現場の社員と同じような業務に携わります。
  • サマーインターン6月〜9月にかけて行われるインターン。内容は1dayインターンや短期インターンのものです。
  • ウインターインターン12月〜2月にかけて行われるインターン。本格的に就活が始まる時期でもあるため、学生の能力を測るような内容のものが多いです。
あわせて読みたい
インターンシップとは?就活にどう影響する?
インターンシップとは?就活にどう影響する?「インターンシップって何?」「インターンシップをやれば就活に影響するって聞いたことがあるけど本当?」こんな悩みをお持ちの方。この記事を見ればインターンシップ...

インターンを始める上での準備

  • インターンの参加時期を見極める
  • 事前準備を整える

ここでは実際にインターンを始める前に準備しておきたい2つの点について見ていきましょう。

インターンの参加時期を見極める

先ほど紹介したように、インターンにも様々な種類があります。それぞれの開催時期に合わせた準備期間が必要となります。

具体的には以下を目安に自分が参加したいインターンの準備期間を定めていきましょう。

  • 1dayインターン:年間を通して開催されていますが、サマーインターンやウインターインターンの時期に多く開催されます。1日のみということもあり大きな負担にはならないので、開催される前の春や秋頃から準備するようにしましょう。
  • 短期インターン:こちらも年間を通して開催されますが、サマーインターンやウインターインターンの時期に多く開催されるので、1dayインターンと同じく開催される前の春や秋頃から準備するようにしましょう。
  • 長期インターン:こちらも年間を通して行われています。いつでも募集しているものがほとんどな上、大学1,2年生でも参加できるので大学生の早い時期から準備を始められるとより良いでしょう。
  • サマーインターン6月から9月にかけて開催されるものが多いため、3月頃から準備できると良いでしょう。
  • ウインターインターン12月から開催されるものが多いです。サマーインターンの直後から準備を始められるとスムーズに取り組むことができてより効果的だと思われます。

事前準備を整える

どのインターンに参加するにも以下のような事前準備が必要になります。

ここで前もって確認しておきましょう。

  1. 自己分析
  2. インターンに参加する動機や目的をはっきりさせる
  3. スケジュール調整を行う
  4. スーツなどの就活必需品を揃える

主にこの4ステップを確認しながらインターンに向けて準備を進めましょう。就活もこのような流れで準備することになるので、流れを理解するためにも前もって確認しておきましょう。

自己分析については以下の記事を参考にしましょう!

あわせて読みたい
就活における自己分析のやり方・方法
就活における自己分析のやり方・方法「就活のための自己分析ってどう進めればいいんだろう...」こうした疑問はこの記事を読めば簡単に解決してしまいます!この記事では就活をする上で重要なプロセスとなる...

【4ステップ】実際のインターンの始め方

  1. 参加したいインターンを探す
  2. インターンに申し込む
  3. インターンの選考対策を行う
  4. インターンに参加する

では実際にどのような流れでインターンを始めるのか、上の4ステップに沿って説明していきます。

参加したいインターンを探す

まずは参加したいインターンを探します。

先ほどの事前準備で行った自己分析をもとに自分が少しでも興味のある業界のインターンはチェックするようにしましょう。

就活サイトや企業ホームページ、知り合いや先輩の紹介などインターンを探す方法は数多くあるので、これらを駆使してまずは情報を集めましょう。

あわせて読みたい
自分に合ったインターンの探し方・選び方
自分に合ったインターンの探し方・選び方「インターンを探したいけど、具体的な探し方がいまいちよくわからない…」よくあるバイトとは違う体験であるインターンですが、いざ始めようとしてもどうやって探せばい...

インターンに申し込む

参加したいインターンをいくつかリストアップしたら、次はそのインターンに申し込みましょう。

就活サイトや大学のキャリアセンターを通して見つけた場合はこれらを介しての申し込みとなり、企業ホームページで見つけた場合は直接企業に申し込む形になります。

なおのアイコン画像なお
それぞれのインターンの申し込み期限をしっかりと守ってエントリーしましょう!

インターンの選考対策を行う

インターンへの申し込みが完了したら、選考対策を行いましょう。

近年は選考を設ける企業が増えており、人気のプログラムによっては本選考より倍率の高いものもあるためしっかりとした対策が必要です。

具体的には以下の3種類の選考が行われるので、これらに対する対策を行なっておきましょう。

  • ES(エントリーシート):志望動機や学生時代に頑張ったことなどをしっかり言語化し採用側に伝わるように対策しましょう。
  • ウェブテスト・筆記試験:就活用のSPI対策問題集などを中心に対策すると良いでしょう。素早く回答することが鍵となるため、繰り返し問題を解くようにしましょう。
  • 面接・GS(グループディスカッション):普段の練習から大きな声ではきはきと話せるように対策しておきましょう。予想外の質問に対してもしっかり受け答えできるように繰り返し練習することが大切です。
なおのアイコン画像なお
参加したいインターンの選考形式に合わせた対策を行いましょう!
あわせて読みたい
長期・短期インターンの面接合格率を上げる志望動機の書き方!
長期・短期インターンの面接合格率を上げる志望動機の書き方!「インターン選考通過のための志望動機をどう準備すれば良いかわからない・・・」「インターン面接合格率を上げる志望動機の書き方とかあるの?」こんな疑問はこの記事...

インターンに参加する

無事選考を突破したらようやくインターンに参加することができます。

実際のインターン会場では自分が何を学べるのか、この経験を就活でどう活かせるのか、といったことをしっかり考えながら取り組むようにしましょう。

自主的に行動し様々な学びを得ることで今後の就活だけでなく社会人になってからも活かせる貴重な経験になることでしょう。

インターンに受かることが目的なのではなく、そこから何を得るかが最も重要

インターンの始め方まとめ

しかるべき事前準備を整えたらまずは様々なインターンを探してみることから始めましょう

今回はインターンの始め方を4ステップに沿ってわかりやすく解説してきました。

そろそろインターンを始める時期だけど何から始めれば良いかわからないという方も、この記事を読んで大まかなインターンの始め方を理解できたのではないでしょうか。

インターンは就活にも大いに活かせる貴重な機会なのでしっかりとした準備を整えて挑むようにしましょう!

以上、「インターンの始め方は?どんな準備が必要なの?」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このメディアを運営している人

18歳でメディア運営を始めてから業界に興味を持ち、夢を捨てWEB業界のインターンを経験。現在20歳で『学歴がなくても仕事で成果を出し成長し続けられる』を掲げて"インたん"を運営しながら、本業・個人ブログ・サイト制作・WEBコンサルを行っている。

タップできる目次
閉じる