プログラミングは就活で有利になる?プログラミングが就活で有利になる3つの理由や学習法について徹底解説!

「プログラミングって就活で有利になるの?」

こうした疑問はこの記事を読めばすぐに解決してしまいます!

近年は文系学生の間でも話題となっているプログラミングですが、就活においてこのスキルが有利になる理由、就活で利用できるようにまずプログラミングをしっかりと身につける学習法についてこの記事で詳しく紹介していきます!

タップできる目次

プログラミングが就活に有利な3つの理由

  • プログラミングはニーズの高いスキル
  • 就活で周りに差をつけられる
  • 職種だけでなく将来のキャリアの幅を広げられる

プログラミングは様々なメリットがあると言われていますが、ここでは就活やキャリア選択にフォーカスしてプログラミングが良いと言われている理由についてみていきましょう。

プログラミングはニーズの高いスキル

プログラミングのスキルは近年急激に需要が高まっています。

特にプログラマーやエンジニアといった職種は慢性的な人手不足に悩まされており、2030年には約58万人の技術者が不足するといった予測データも出ているほどです。

この状況下において、ITエンジニアといったプログラミングスキルを習得した人材のニーズはかなり高いと言えるでしょう。

なおのアイコン画像なお
エンジニアはニーズが高い上に比較的安定したキャリアを歩めるので、就職先の一つとして考えるのも良いですね!

就活で周りに差をつけられる

プログラミングのスキルを身につけている学生は当然、就活において他の学生との差別化になります。

こうしたITスキルはどの業界でもほぼ必須のスキルと言えるでしょう。

プログラミングとまではいかなくても基本的なPCスキルやパワーポイント、エクセルといったPCソフトを使いこなす能力はこの先とても重要になります。

こうしたITスキルへの理解・関心は他の就活生と比べてもかなりポイントが高いスキルの一つと言えるでしょう。

職種だけでなく将来のキャリアの幅を広げられる

先ほども紹介したように、プログラミングスキルを習得することでシステムエンジニアやプログラマーといった職業への道が開けてくるようになりますが、それだけでなく将来のキャリア選択においても大きな利益となります。

将来的には、習得したプログラミングスキルを生かして、企業に縛られないフリーランスのような働き方を選択することもできます。

10年後、20年後のキャリア・働き方の幅を一気に広げてくれる財産ともなるのがプログラミングスキルなのです。

就活生のアイコン画像就活生
10代、20代のうちにこうしたプログラミングスキルを身につけておくと、かなり人生の幅が広がりそうですね!

就活で活かすには?プログラミングをしっかりと身につける3つの学習法

  • 本屋ネットの教材を参考にインプットする
  • インプットを終えたらすぐにアウトプットする
  • わからないことがあれば、その都度調べる

プログラミング学習は複雑で難しいと思われがちですが、実は誰でも簡単に学ぶことができます。

ここではプログラミング学習の際にこれだけは意識すべきという注意点を3点まとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

本やネットの教材を参考にインプットする

まずは簡単なプログラミング入門の本やネットに数多く出ているプログラミング学習の教材をインプットしましょう。

最近ではYouTubeなどにもプログラミング初心者向けの解説動画が数多く挙げられており、以前より容易にプログラミング学習を始めることができます。

最初はそういったもので良いので、これから学ぶプログラミング言語がどんな特徴を持っているのか、何ができるのかについて常に意識しながら順を追ってインプットしていきましょう。

まずは知識をインプットすることから始めましょう!

なおのアイコン画像なお
プログラミングを学んで稼ぐんだ!というほどのスキルを身につけたい人は短期学習で結果を出すことに拘っているプログラミングスクールに通うこともおすすめです

インプットを終えたらすぐにアウトプットする

教材のインプットを終えたらすぐにアウトプットするようにしましょう。

プログラミング学習に限ることではないですが、このインプット→アウトプットのサイクルはとても重要な要素です。

インプットのみでアウトプットを怠ってしまうと、定着度がとても低くなってしまいます。

教材に掲載されているプログラムをただ移すだけでも十分なアウトプットになるので、とにかく自分の手で書くことを意識して取り組みましょう。

なおのアイコン画像なお
実際に手を動かすことがとても重要ですね!

わからないことがあれば、その都度調べる

学習を続けていく中で、わからないことは数多くあると思います。

そうした問題にぶつかった際にすぐに答えを探そうとするのではなく、自分で解決策を調べ、自分の力で自分なりの答えを出すようにしましょう。

そうすることでより脳への定着度も高く、実際にプログラムを作成する場面でもアウトプットしやすい知識となって自分のスキルとなってくれるのです。

なおのアイコン画像なお
自分で課題解決をすることはプログラミングにおいては基本中の基本作業であると言えますね!

プログラミングは就活に有利?まとめ

キャリアの幅を広げる上でもプログラミングは就活で大いに役立つ!

今回はプログラミングが就活においてどんなメリットがあるのか、その理由や、実際に効率よくプログラミング学習をする際のポイントをみてきました。

プログラミングはスキル自体も就活では大いに有利となりますが、プログラミングを通して得た考え方や課題解決能力などもこれからの人生において大きな財産となります。

しっかりとメリットを理解した上で自分には必要なのか、そうでないのかを判断できると良いですね。

以上、「プログラミングは就活で有利になる?有利になる理由や学習法を徹底解説!」でした。

あわせて読みたい
就活って何から始めたらいいの?就活の始め方をわかりやすく解説
就活って何から始めたらいいの?就活の始め方をわかりやすく解説「そろそろ就活を始めないといけないけど、そもそも就活の始め方がわからない…」就活生なら誰もが持つであろうこうした疑問は、この記事を読むことで簡単に解決します!...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このメディアを運営している人

18歳でメディア運営を始めてから業界に興味を持ち、夢を捨てWEB業界のインターンを経験。現在20歳で『学歴がなくても仕事で成果を出し成長し続けられる』を掲げて"インたん"を運営しながら、本業・個人ブログ・サイト制作・WEBコンサルを行っている。

タップできる目次
閉じる