就活にかかる費用はどれくらい?就活でかかる費用の内訳や節約方法を徹底解説!

「就活にかかる費用ってどれぐらいなんだろう…」

こうした疑問はこの記事を読めばすぐに解決してしまいます!

この記事では就活にかかる費用を内訳ごとに分析した上で就活にかかる費用を節約する4つの方法について解説していきます!

タップできる目次

就活にかかる費用の内訳

  • 宿泊・交通費
  • 交通費
  • 飲食代
  • その他

ここでは就活でかかる費用を多い順に4つ紹介しています。早速見ていきましょう。

宿泊・交通費

就活において最も多くかかっているのが宿泊・交通費です。

就活に使う全費用の50%近くが宿泊・交通費であるというデータもあり、多くの就活生の頭を悩ませている費用であると言えるでしょう。

地方から上京して就活を行う人などは特に、一回一回の電車賃・ホテル代はかなり大きくなってしまうので後ほど紹介しますがしっかりとした対策が必要ですね。

なおのアイコン画像なお
逆に言えば、宿泊・交通費をしっかりと節約することで費用全体としてもかなりお得に進められますね!

衣服費

宿泊・交通費についで2番目に多いのが、費用全体の20〜30%程度を占めると言われている衣服費です。

スーツやワイシャツ・ネクタイや靴など、就活の際に使う服は一式揃える必要があるのでこれも大きな出費になりそうです。

衣服費に関しては、男性で4〜5万、女性で3〜4万円ほど考えておいた方が良いでしょう。

飲食代

就活中は外で活動することが多いためどうしても飲食・カフェ代はかかってしまいます。

宿泊・交通費や飲食費に比べると多くはないですが、外出する際は必ずと言っていいほどかかってしまう費用なので、節約できる方法があれば積極的に利用するようにしましょう。

悩む就活生のアイコン画像悩む就活生
面接の日の昼食や空き時間のカフェ代など少しずつですが確実に積み上がってしまいますね…

その他

今紹介したものの他にも就活で必要な支出は数多くあります。

自己分析や面接、ウェブテストなどの対策のための書籍は1冊1000円と仮定すると全部で5000円程は見積もることができ、履歴書・証明写真代もエントリー数に合わせて負担しなければなりません。

自分は何にいくら必要なのか、金額を書き出して整理すると大体の金額が分かり費用のやりくりがしやすくなります。

悩む就活生のアイコン画像悩む就活生
まずは自分に必要な支出を書き出してみるのも良いですね!

就活にかかる費用を節約する4つの方法

  • 借りれるものは借りる
  • 交通費・宿泊費を安く済ます
  • 就活カフェなどを利用し飲食費を削る
  • 面接や説明会を同じ日に済ます

先ほど紹介した費用を少しでも減らすにはどうしたら良いのか、ここでは4つのポイントに分けて紹介していきます。

借りれるものは借りる

先輩や友人・家族などで就活に使えそうなものを持っている人がいれば積極的に借りるようにしましょう。

兄弟がいる家庭などはリクルートスーツなどを借りることも容易にできますし、先輩や就活を終えた友人に頼めば就活の対策本はかなり集まりそうですね。

就活生のアイコン画像就活生
特に就活対策の書籍は信頼できる先輩から譲り受けた方が安心できますね!

交通費・宿泊費を安く済ます

交通費や宿泊費も意識して使うことでかなり節約することができます。

特に地方から上京して就活する人などは新幹線ではなく高速バスを利用したり比較的安めのホテルを利用したりすることでこれらの費用を半分以下に抑えることもできます。

ただ、大事な面接の日のパフォーマンスを落とさないことも重要なので、バランスを考え無理のない範囲で節約するようにしましょう。

就活にかかる費用の大部分を占める交通費・宿泊費を大幅に節約できると当然就活にかかる費用全体も大きく削ることができますね。

就活カフェなどを利用し飲食費を削る

多くの就活生は就活で外出している間によくカフェを利用しますが、小さいながらも着実に溜まっていくこの飲食代も工夫次第で削ることができます。

学生がお得に利用できるカフェや、就活生は無料で利用でき就活生同士の情報交換もできる就活カフェなどを利用することで空き時間の飲食代を大幅に浮かせることができます。

就活カフェの中には模擬面接やESの添削を行ってくれるところもあるので是非利用してみてください。

面接や説明会を同じ日に済ます

面接や説明会を同じ日に済ませることも費用を節約する効果的な方法の一つです。

就活では毎日のように企業セミナーや説明会、面接などの予定があり、その都度外出するだけでも支出が生まれてしまいます。

複数の企業を同時に受ける日などはそれぞれの路線で販売されている一日乗車券を利用するのもおすすめです。

また同じ日に面接を済ませることでスーツのクリーニングなども少なく済ませることができるでしょう。

就活にかかる費用まとめ

支出の内訳ごとにどんな節約方法があるか考えてみることが大切

今回は就活でかかる費用の内訳を確認した上で就活でかかる費用を節約するにはどんなことに気を付ければ良いのかについてみてきました。

就活でかかる費用を節約する方法は意外と多く存在することに気づけたのではないかと思います。

まずは就活全体を通してどれぐらいの費用がかかりそうか計算してみて、それから内訳ごとに節約方法を考えていくと良いでしょう。

以上、「就活にかかる費用はどれくらい?就活でかかる費用の内訳や節約方法を徹底解説!」でした。

あわせて読みたい
就活って何から始めたらいいの?就活の始め方をわかりやすく解説
就活って何から始めたらいいの?就活の始め方をわかりやすく解説「そろそろ就活を始めないといけないけど、そもそも就活の始め方がわからない…」就活生なら誰もが持つであろうこうした疑問は、この記事を読むことで簡単に解決します!...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このメディアを運営している人

18歳でメディア運営を始めてから業界に興味を持ち、夢を捨てWEB業界のインターンを経験。現在20歳で『学歴がなくても仕事で成果を出し成長し続けられる』を掲げて"インたん"を運営しながら、本業・個人ブログ・サイト制作・WEBコンサルを行っている。

タップできる目次
閉じる