就活って何から始めたらいいの?就活の始め方をわかりやすく解説

「そろそろ就活を始めないといけないけど、そもそも就活の始め方がわからない…」

就活生なら誰もが持つであろうこうした疑問は、この記事を読むことで簡単に解決します!

この記事では就活を始めるにあたって何から始めれば良いか戸惑っている就活生のために、就活の始め方を一からわかりやすく紹介していきます!

タップできる目次

就活を始める前の準備と心構え

就活の目的とは、「自分に合った企業を探すこと」です。

よく、「内定を獲得すること」を就活のゴールとしている人がいますが、あくまでも”今後の人生の大部分を締める仕事を選んでいる”という意識を持って取り組むようにしましょう。

また、就活には“時間”と”お金”がかかることも 心に留めておきましょう。

志望する業界にもよりますが、期間としては6ヶ月ほど、交通費を始めスーツ代、履歴書代などを含め費用は約16〜20万円以上がかかると言われています。

就活期間中は他のことに取り組む時間も限られてしまうので、事前にお金を貯めておくようにしましょう。

3ステップでみる就活の始め方

ここでは、就活を始めるにあたって何から始めれば良いか、就活を始める際の具体的な流れを解説していきます。

  1. 自己分析
  2. 業界・企業研究
  3. 選考対策

上の3ステップが具体的に就活を始める際の流れになっています。

早速みていきましょう。

就活の始め方①:自己分析

まずは「自己分析」から行いましょう。

これは就活を進める上で、自分の軸となるものを定めるためにとても重要な役割を果たします。

自分という人間を客観的に理解することで就活の方向性も定まり、どんな業界を志望すべきなのか、自分の長所や人柄、性格に合った職業は何なのかをしっかり把握することができるのです。

具体的には、これまでの経験を書き出して印象に残っていることやその理由を明らかにしていくモチベーショングラフを作成したり、自己分析ツールや自己分析に関わる本を利用するなど、様々な方法があるのでそれらを使って自分を掘り下げて理解していきましょう。

就活の始め方②:業界・企業研究

自己分析によって自分の就活の方向性がある程度定まってきたところで、それらに基づき業界・企業研究を行いましょう。

ここでは自分が興味を持った業界・企業が本当に自分と合っているのか見極めることを意識して取り組みましょう。

業界研究を進める際には、興味のある業界の特徴や他の業界との比較を行いながらまずは広い視野で業界全体を把握し、次にそれぞれの業界について働き方や顧客対象、企業の成長度や社会性などを狭く深く理解するようにしましょう。

またこうした業界研究の手助けにもなるため、気になる企業でのインターンシップやOB訪問は就活の早い段階から積極的に行うようにしましょう。

自分に合った企業を探すためにも自己分析を基にした業界・企業研究は入念に行いましょう!

就活の始め方③:選考対策

自己分析や業界・企業研究にある程度自信がついてきた人は、いよいよ実際の選考に向けた対策に取り組むようにしましょう。

実際の選考では「ES(エントリーシート)」「ウェブテスト(WEBテスト)」「面接」の主に3つの形態で実力を試されることとなります。

それぞれの選考に対し豊富な対策方法があるので、こうした対策も含め日頃から情報収集を怠らないようにしましょう。

3つの形態の選考に対応できるよう幅広く対策しましょう!

就活の始め方 まとめ

就活ではしっかりと段階を踏んで対策することが最も重要なポイント

自分の人生を大きく左右する就活は一見やるべきことが多く複雑で、しばしば戸惑うこともあると思いますがが、実際はこの記事で紹介した流れで誰でもスムーズに始めることができます。

「就活は早ければ早いほど良い」とも言われているように、就活ははじめの一歩がとても重要になってきます。

いち早く就活の始め方を把握し、良い準備を整えられるようにしましょう。

以上、「就活って何から始めたらいいの?就活の始め方をわかりやすく解説」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このメディアを運営している人

18歳でメディア運営を始めてから業界に興味を持ち、夢を捨てWEB業界のインターンを経験。現在20歳で『学歴がなくても仕事で成果を出し成長し続けられる』を掲げて"インたん"を運営しながら、本業・個人ブログ・サイト制作・WEBコンサルを行っている。

タップできる目次
閉じる